P1000634.jpg
Life in Fukuoka

~Records of my small exploration and discovery~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鴻臚館

今日は福岡城跡のお堀を赤坂の方向に向かって歩いて行きました。大手門を過ぎて次の平和台の交差点の所で城内へ。城壁の内側には鴻臚館跡の発掘現場が広がっていました。鴻臚館って何だろう?と思って発掘現場沿いにずっと歩いて行ったら、鴻臚館跡展示館があり、入り口で学芸員さんが手招きしてくれた事もあって見学して来ました。ちなみに見学料は無料です。学芸員さんが展示物を一つ一つ丁寧に紹介して下さり、福岡の歴史について福岡弁で2時間近くにわたり熱く語って下さったので、忘れないうちにせっかく教わった事を書いておきます。長文になります。すみません。

PB140030.jpgPB140044.jpg

鴻臚館とは古代(飛鳥、奈良、平安時代)の迎賓館に相当する施設で、中国(唐)や朝鮮(新羅)の外交使節や商人をもてなすとともに、日本の遣唐使や遣新羅使の送迎にも使われた建物だそうです。「鴻臚」は鳥のように声を発して伝えるという意味だそうです。下の写真の左側が現在の福岡(赤い所が鴻臚館)で、右側が古代の福岡の想像図ですが、古代は鴻臚館は海に面していて、外国からの施設を迎えるための門になっていたそうです。古代の図で海岸のすぐそばに描かれている島(実際は細い陸続きだそう)は西公園で、今ではすっかり海岸は遠ざかっています。すべてを人工的に埋め立てたのではなく、時間の流れで浅瀬になり、干潟になり徐々に海岸線が遠ざかって行ったそうです。遠くに描かれている島は志賀島で金印が発見されたので有名です。私はこの前福岡市博物館でその金印を実際に見て来たばかりですが、そこに刻まれた「漢委奴国王」という漢字が、日本に初めて伝わった漢字だと教えてもらいました。また志賀島にある志賀海神社に古くから伝わる神楽歌の最初の一節が「君が代は 千代に八千代に さざれいしの いわおとなりてこけのむすまで」で「君が代」の誕生に関係があるのではと言われているようです。志賀海神社の創建がいつかは分かっていないのですが、神功皇后 (170-269)が立ち寄った記載があるらしいので、とにかく古い神社です。「君が代」の歴史も古いのですね。

PB140045.jpgPB140046.jpg

鴻臚館は遣唐使が始まった630年から菅原道真が建議により停止する894年まで使われていたそうです。遣唐使と一般的に言いますが、最初は新羅と仲が良く、「遣新羅使」として新羅へ数回渡り、その後新羅との仲が悪化して、「遣唐使」になったそうです。4隻出して、1隻が辿り着けば良い感じだったそうで、本当に危険な航海だったようです。そこまでの危険を冒しても、大陸の文化を手に入れたかった古代の人々の思いは相当なものですね。遣唐使船には船を漕ぐ人の他に、お医者さんやまじない師まで乗っていたそうです。やっと着いた唐では港で1年くらい拘留され、その間に水夫さんが不明になったり船が悪くなったりしたと想像され、実際に唐へ渡ったのと同じ遣唐使船で日本に戻って来たのかどうかは未だに謎だそうです。

余談ですが、菅原道真は遣唐使船の廃止を行った件やその他もろもろの政治事情で太宰府へ左遷されてしまいましたよね(遣唐使船という文化・学問の輸入を廃止した人が学問の神様というのも変な話ですね。)。その太宰府に至るのに、福岡の市街地から2本の道路が直線で伸びています。なぜそこに道路を作ったのかには訳があると学芸員さんが教えてくれました。「かもめ広場」の記事のところに書きましたが、2005年3月に福岡県では福岡県西方沖地震がありました。その時に警固断層がずれたらしいんです。その警固断層が福岡の市街地から太宰府にのびる道路とほぼ一致するそうです。菅原道真の時代にもすでに断層がずれていて、それに沿って道路を造った可能性が大だとか。

また菅原道真が京より大宰府に左遷される道中で博多に上陸した際、四十川(現在の薬院新川)の水面に自分の姿を映し、「なんてやつれたんだろう」と言ったとされ、最初は今泉に社殿が建造されその神社は「水鏡天神」「容見天神」と呼ばれたそうです。江戸時代初期の慶長17年(1612年)福岡藩初代藩主黒田長政によって福岡城の鬼門にあたる現在の地「天神」に移転し、水鏡天満宮となったそうです。「天神」の地名は、この天満宮に由来するそうです。

鴻臚館跡からはさまざまな陶器(青磁、白磁)が発掘されました。またその他にも薬研(やげん:薬草をごりごり擦る器具)なども発見されました。このように、薬も福岡にもたらされていたのです。外国からもたらされた薬草は現在の薬院近辺に設けられた薬草園で栽培されていたそうで、これが薬院という名前の由来だそうです。

意外な事に、鴻臚館の発見は1987年とかなり最近です。鴻臚館跡は土ですっかり埋もれていたので、その場所はずっと謎だったそうです。大正末頃に中山平次郎教授(九大の医学部教授なのですが、考古学にも造形が深かった方)が、万葉集の古歌 (今よりは 秋づきぬらし あしひきの 山松かげに ひぐらし鳴きぬ) などをヒントに鴻臚館が福岡城内にあった説を唱えました。「ひぐらしが鳴く場所」などから現在の場所を予測するなんて、なんかミステリーの謎解きみたいでワクワクしますね!私も考古学をやってみたくなりました。鴻臚館が発見される前、鴻臚館跡には平和台球場があり、福岡ダイエーホークスが使っていたそうです。福岡ダイエーホークスが福岡球場に移り、球場の跡地を整地していた所、鴻臚館の遺構が発見されたんだそうです。現在も続いている発掘調査。私も参加したいな~。

学芸員さんのお話で面白かったのは、トイレ跡から、お買い物の発注記録(米2合など)が書かれた棒切れが見つかったお話です。なぜそこがトイレ跡か分かったかと言うと、果物の種や魚の骨などの他に、寄生虫卵まで発見されたからだそうです。またそれらの保存状態が非常に良かったらしいのですが、それはトイレの酸性度が関係しているかもしれないそうです。昔の人は何をトイレットペーパー代わりにしていたかの謎も解けました。籌木(ちゅうぎ)という小さな棒切れでお尻を拭いていたそうです。その棒に寄生虫がくっついていたので分かったそうです。お買い物の発注記録が書かれた棒切れも、最後はトイレットペーパーとして使われてトイレに捨てられたんでしょうね。それにしてもウォシュレット時代の私達には、棒切れはちょっと痛そうな感じがします。

本当にいろいろ勉強になった2時間でした。どうもありがとうございました!これまでいろいろな博物館で見て来た情報や、福岡を歩き回って得た情報が頭の中でまとまって来た感じです。11/28には大手門の潮見櫓の中を一般の見学者に見せてくれるそうです。見学したい人は13:00に鴻臚館跡展示館に集合です。私は今のところ参加予定です。

Today, I visited Korokan Historical Museum. A staff there explained history of Korokan. I summarize his talk. Korokan was one of the ancient guest houses for foreign diplomats from China and Korea. Japanese travelers to China and Korea called Kentoshi also used the building. The building had been used since 630 to 894. Then this place was under the ground until recently. Professor Heijiro Nakayama, who was a medical doctor and also an archaeologist, predicted where the building was by studying an ancient poetry book namded Manyoshu and so on at Taisho period. His prediction was the current museum place where a baseball stadium was there at that time. When the baseball stadium was moved, ruin of Korokan was found. Still archaeological dig is continuing. They found a ruin of a toilet. They proved it by finding seeds of fruits, bones of fish and also eggs of parasites! At that time, it seems that people used small wooden sticks called Chugi as toilet papers. How did they know that? Well...they found that eggs of parasites were found on these sticks.

福岡に対してものすごい誇りを持っていらっしゃる学芸員さん。私が九大で働いていると言うと、心臓ペースメーカーの父、田原淳先生という九大の偉大な先生のお話もして下さいました。以下のサイトで田原淳先生の偉業が紹介されています。すごい方です。
心臓が動く謎に挑んだペースメーカーの父 田原 淳

テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報

  1. 2010/11/14(日) 18:28:31|
  2. 土地
  3. | コメント:0
<<夕暮れの大濠公園 | ホーム | 福岡城跡周辺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Youtube music PV collection



presented by Youtube音楽PV

Profile

Motoko

Author:Motoko
2010年10月1日から東京から福岡県に引っ越ししました。同じような仕事を続けつつ、はじめての福岡での生活を楽しめたらと思います。東京でのこの2年間はブログを書く暇もなかったのですが、これからはぽちぽち書けたらいいなっと願いつつ、どうなるでしょうか?

I moved to Fukuoka from Tokyo on Oct 1, 2010. I'm gonna continue my job, but I would like to enjoy my life more in Fukuoka, since I did not have any private time in Tokyo.

Blog ranking♪

にほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログ 福岡(市)・博多情報へにほんブログ村 地域生活(街) 九州ブログへ

Links

このブログをリンクに追加する

Site Search

Category

Archieves

The latest articles

Recent comments

Access count

The Great Dodecahedron

つぶやきジロー

PikaPika_Atlantis

Present's by
3ET

gear clock

FC2 counter

RSS feed

Webmaster Tools

Word of the Day
Word of the Day provided by The Free Dictionary

Article of the Day
Article of the Day provided by The Free Dictionary

This Day in History
This Day in History provided by The Free Dictionary

Today's Birthday
Today's Birthday provided by The Free Dictionary

In the News
In the News provided by The Free Dictionary

Quote of the Day
Quote of the Day provided by The Free Library

Spelling Bee
difficulty level:
score: -
please wait...
 
spell the word:
Spelling Bee provided by The Free Dictionary

Level 1 English words

Level 2 English words

Level 3 English words

level 4 English words

Level 5 English words

World data

Quiz

Fun

QRコード

QR

英検1級単語ドリル 黒猫版


英語のゆずりん

英検準1級単語ドリル 黒猫版


英語のゆずりん

英検2級単語ドリル 黒猫版


英語のゆずりん

English quiz

お散歩英語 English Walk

Illustration English Words

Produced by お散歩英語 English Walk

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。